スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>トップページに戻る

スポンサー広告

WAT2011 上映作品の紹介

2011/11/26 Sat 03:58

WAT2011ロゴ

下北沢トリウッド、11月26日(土)~12月25日(日)


世界のアニメーションシアター - WAT2011、12年目を迎えた今回のテーマは「笑顔」。
ほのぼの、ゲラゲラ、くすくす、しみじみ・・・おとなから、こどもまで楽しめるアニメーションのラインアップです。

プログラムA: 「レオンとメリー」シリーズより 2作品(54分)
フランスのテレビ局・フランス3で高視聴率だった、フォリマージュのパペットアニメーション・シリーズ「レオンとメリー」、スクリーン初登場。
(日本語吹き替え版/小さいお子さんでも楽しめます)
冬のレオン(L'Hiver de Leon/監督:ピエールリュック・グランジョン、パスカル・ルノートル)
春のメリー(Le Printemps de Melie/監督:ピエールリュック・グランジョン)

プログラムB: 世界の新作短編アニメーション集 7作品(55分)
(日本語字幕版/小学校高学年以上にオススメです)
ノルウェー最後のトロール(原題:Det siste norske trollet/監督:ピョートル・サペギン/ノルウェー)
視線を逸らして(M'echapper de son regard/監督:チェン・チェン/フランス)
サムシングレフト・サムシングテイクン(Something Left, Something Taken/監督:桑畑かほる、マックス・ポーター/米国)
テレグラフィックス(Telegraphics/監督:アントワーヌ・デゥラシャルレ、レナ・シュネデル、レオポルド・パラン、トマ・ティボー/フランス)
ライオンになりたかった少年(The Boy Who Wanted To Be A Lion/監督:アロイズ・ディリャオ/イギリス)
早いの、遅いの(Tot ou tard/監督:ヤドヴィガ・コバルスカ/フランス)
キャプテン・オウサム(Captain Awesome/監督:エーカン・ボシュドゥーギャン、ミークル・アーベンフーウシュ・セーレンセン/デンマーク)

WAT2011予告>>

トリウッド 劇場案内

WAT2011開催概要>>

WAT2011 leaflet
スポンサーサイト

>>トップページに戻る

WAT2011 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。