スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>トップページに戻る

スポンサー広告
~オスカーレースにも一時名前が挙がった、桑畑かほるさんとマックス・ポーターさんの『SLST』など3本が、監督コメンタリーと供に楽しめます~

1月20日から、ワーナー・オンデマンド THE EDGEの第2弾がスタートしました。
WAT2011のセレクションより3本提供しています:
ノルウェー最後のトロール
サムシングレフト・サムシングテイクン(SLST)
キャプテン・オウサム

『サムシングレフト・サムシングテイクン(SLST)』は、単身ニューヨークへ渡り、アニメーション作家として自立した桑畑かほるさんと、パートナーのマックス・ポーターさんが自主制作したハイブリットなショート。オスカーレースに名前も挙がっていたほど、ファニーなサスペンスコメディです。

トリウッドでご覧になった方も多いと思いますが、THE EDGEでは監督コメンタリーも配信中。
これが、三者三様でおもしろい。
『ノルウェー最後のトロール』のピョートル・サペギンさんは、日本の偉大なアニメーション監督へのオマージュとして制作したと語っています。
『キャプテン・オウサム』は、ゲームやアニメーションで急成長のデンマークの学生作品。
「スーパーヒーローが急に腹下しになったら、どうなる?」と何年も考え続けたという監督。地下鉄の漫才みたいですね・・・って、今の若い人はご存じない、かな。

THE EDGE>> 
スポンサーサイト

>>トップページに戻る

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。