スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>トップページに戻る

スポンサー広告
フランスアニメーション映画祭2013で、フランスのFolimage(フォリマージュ)が制作したショートアニメーション7本を特集上映します。

img_1500946_64009608_0.jpeg

フォリマージュのショートアニメーションは6月に横浜でも上映したものですが、今回は2000年代にフランスで制作された”新しい傾向”を示す、長編アニメーション映画3本も同時上映されます。

「フォリマージュ短編プログラム」は、昨年のオスカーにノミネートされた長編アニメーション映画『パリ猫ディノの夜』を監督した、ジャンル・フェリシオリとアラン・ギャノルのユニットのショート5本を一挙上映です。

エゴイスト(L'Egoiste) 1996年制作
ありふれた悲劇 – ソファー(Les tragedies minuscules - Le Canape) 1998年制作シリーズ
窓から突き出た鼻(Le nez a la fenetre) 2001年制作
廊下(Le couloir) 2005年制作
ついてない(Mauvais temps) 2006年

さらに、フォリマージュの主要アニメーター、イズ・トロアンの『ことばの狩人』と、シルヴァン・ヴァンサンドーの『紙ヒコーキ』を上映します。
イズ・トロアンは『パリ猫ディノの夜』でも、ディジタルコンポジットを担当し、その優れた映像感覚はフランス・アニメーションの次世代を担うクリエイターの一人として注目されています。

7本すべて、おとなが愉しめる、粋なフランス映画に仕上がっています。わたしのオススメです。

■ 上映7作品の紹介(横浜のプログラムと共通)>>

■フランスアニメーション映画祭2013■
■会期:2013年11月22日(金)、12月7日(土)、8日(日)/「フォリマージュ短編プログラム」は全日上映されます。
■会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ(東京・市ヶ谷、飯田橋)
■入場料(当日券のみ):一般1200円、学生800円、会員・中学生以下500円
フランスアニメーション映画祭2013の公式サイト>>


オフィスHではフォリマージュのショートアニメーションの上映貸出をしております>>
上映ご希望があれば、遠慮なくお問い合せください。 
スポンサーサイト

>>トップページに戻る

総合情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。