FC2ブログ
「Birth」シリーズの総合監督、若見ありささんがシリーズ誕生をツイートしました。
https://twitter.com/_wakame_

「birth-つむぐいのち」は出産体験談をアニメーションにした作品で私が妊娠中、赤ちゃんを産むイメージができず実写出産ドキュメンタリーを観た時にとても生々しく痛そうでショックで産むのが嫌になっちゃった体験から実話をアニメにしました
出産の数だけ生まれるドラマをオムニバスにした作品です。

Birth-いのちつぐむ Ⓒ CHILD POKKE
Ⓒ CHILD POKKE

出産はまったく予想しなかったことの連続で、めちゃくちゃ痛くて喉が渇いてるのにジェットコースターに乗せられちゃって行き先がわかんないみたいな感じで、自分が女に産まれたことを恨みました
多くの方がチームで助けてくれたおかげでなんとか無事出産できました。

赤ちゃんは出産時に一度心音が下がり、ダメかも?とお医者さんたちが慌てているときに、子どもを授かるまでの6年が走馬灯のように駆け巡り、私もパニックになりました

「お母さんしっかり!」という言葉とオットが私の顔に誤って水をかけたので正気に戻りました。
今思い出しても怖くて震えます。

私は自分のことを思い出すと怖くなりますが、機会があれば、ほかの人の出産に立ち会ってみたいと思います

若見ありさ監督のメッセージビデオ①  
若見ありさ監督のメッセージビデオ②

Birth-つむぐいのち』と『Birth-おどるいのち』は、WAT 2019で6月29日より下北沢トリウッドにて上映されます。
その後、京都、姫路、神戸、名古屋へ巡回します。


WAT 2019初日6/29 舞台挨拶には、「Birth」第1弾と2弾の監督が勢揃い
若見ありさ監督、「水の中の妊娠」「ととちゃんがママのおなかにきてたくちゃんが生まれたときのこと」
荒井知恵監督、「はじめまして」、
こぐまあつこ監督、「ありがとう」
大橋弘典監督、「トルコで出産」
池田爆発郎監督、「h-h-f」

ママパパシアター@トリウッド
親子で楽しめるアニメーション上映+若見ありささんのトークと「親子でできるタオル遊び」のワークショップ
7/12 (金) 10:00~11:15

妊婦とその家族の視点で出産を描く「Birth」。シリーズ企画・総監督で、アニメーション監督&子育て中のママでもある、若見ありささんが特別イベントを1日限りで開催します。
「小さいお子さん連れだと映画を観に行きにくいパパママに配慮し、子どもが泣いてもお互いさま!」の上映とハンドタオルを使ったワークショップです。
ママパパシアター@トリウッド 詳細>

>>トップページに戻る

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示