スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>トップページに戻る

スポンサー広告
日本最古級の映画館として有名な、長野松竹相生座・ロキシーでWATセレクションのショートアニメーションが上映されます。
ロキシー座は、明治25年に開場した芝居小屋「千歳座」が前身で、建物は増改築が重ねられているものの当時のものが今も使われています。

この上映会は、地元長野の清泉女学院大学が昨年から始めたもので、今年は「MOVIE×MOVIE~あなたとわたしの2日間~」と銘打ち、上映と”住民ディレクター”の可能性を語るイベントが開催されます。

■ 2月18日(土) 清泉女学院大学プロデュースによるアニメーション作品上映会@長野ロキシー
■ 2月19日(日) 映蔵だよ!全員集合@長野市立長野高等学校・翼ホール 「長野における"住民ディレクター"の可能性について語ろう!

WATセレクションのショートアニメーションは、18日にロキシー座で上映されます。
同時上映されるのは、学生が「今、映画館で観たいアニメーション」を学生の視点で選んだ作品で、マイケル・アリアス監督の『鉄コン筋クリート』。(プログラムA 14:00~16:25)

世界のアニメーションシアター - WATはプログラムB(16:40~18:00)で、上映作品は次の通りです。
「サムシングレフト・サムシングテイクン」(アメリカ)
「早いの、遅いの(どっちにするの)」(スイス)
「キャプテン・オウサム」(デンマーク)
「ノルウェー最後のトロール」(ノルウェー)
「パパ、ママをぶたないで」(ノルウェー)*

10年にWAT上映し、現在は株式会社パンドラがDVD発売している、アニータ・キリ監督の『パパ、ママをぶたないで』(ノルウェー、英題:Angry Man)も、昨年の大好評を得て、再上映されます。
長野にいらっしゃる方、どうぞご来場ください。

詳しくは公式サイト>>
長野ロキシー  
清泉女学院大学 

>>トップページに戻る

総合情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。